2006年12月25日

シロちゃんのお墓

シロちゃんの永眠にあたって、暖かいコメントをいただいたみなさま、本当にありがとうございます。
まだまだつらい日々は続きますが、みなさまのおかげで、私もずいぶんと救われましたし、シロちゃんもお会いしたことのない人にまで気にかけてもらって、きっと喜んでいると思います。
本当にありがたいことです。


昨日シロちゃんを埋めた場所ですが、一番日当たりのいい花壇です。
母は「そんなところ、ダメよ!」と冷たかったのですが、父は私が泣きながら「シロちゃんは日向ぼっこが大好きだったし、あの花壇が大好きだったし、あそこなら毎日みんなに会えるし、絶対にあそこがいいの!柿の木の下なんて、暗くて寒くて、誰にも見向きもされなくて、かわいそうだもの・・・」と訴えると、「じゃあ、そこに掘ってあげるよ」と快く了承してくれました。

ohaka048.JPG

ちょっと陰ってきてから撮った写真だから、あまり日当たりの良さがわからないかな?
まだクリスマスだから、夜はイルミネーションのひとつであるトナカイが光ってくれて、シロちゃんも淋しくないはず。
そして周りは花壇なので、私がいろいろ植えて、シロちゃんをお花で囲んであげたいと思います。

一番手前のプランターは、昨日パンジーなどを買ってきて植えました。
さらにもっと周りにも植えるために、今日は土を用意していました。
お花は明日、買ってきたいと思います。
祖母もいろいろと手伝ってくれて、ガーデニングの知識が全くない私にはありがたいです。

とにかく、今は部屋にいてもシロちゃんの思い出ばかりでつらいので、シロちゃんのそばでできるガーデニングに精を出しています。
しょっちゅう、シロちゃんが埋まってるところの土を撫でたり、話しかけたりしながら、作業しているんです。
本当にシロちゃんがその辺をお散歩しているみたいで、心が落ち着きます。

ohaka 058.JPG

トナカイは今日で最後ですが、シロちゃんのお友達として、ネコの貯金箱とガーデニング用のネコの飾りを左右に置きました。
真ん中のプレートは「SHIRO DAISUKI」って文字を貼り付けてあります。

手前のプランターの奥にあるボウルはシロちゃんの飲み水です。
シロちゃんは普通のネコサイズの容器のお水には口をつけずに、いつもこのでっかいボウルで飲んでました。
このボウル、加湿器を持っていないときに「洗面器に水をはって置いておくだけでも違うよ」という話を聞き、加湿用に部屋の隅に置いてあったら、シロちゃんがペチャペチャと飲み始めたのです。
それからもう何年も「シロちゃん専用ボウル」なんです。

エサもお供えしたいところですが、野良猫や犬が荒らすことはわかりきっているので、シロちゃんと一緒に埋めました。
今ごろ、おいしくご飯を食べて、お水をたくさん飲んで、元気に走り回ってるのかな・・・。











ライフスタイルブログ 暮らし上手





posted by かなこ at 16:12 | Comment(10) | ネコのお話
この記事へのコメント
シロちゃんのお墓かわいいですね。
ネコの貯金箱かわいい (*^^*)
ネコの飾りもあるのでシロちゃん淋しくないですよ。
それよりもかなこさんにこんなにしてもらって
きっと喜んでいますよ。

シロちゃんガーデニングで心が落ち着くならいいと思います (*^^*)
今はじっとしていたら辛い時期だと思うので
頑張ってシロちゃんのお墓を飾りましょう♪
シロちゃんが淋しくないように d(^_^o) ネッ

本当にシロちゃんは、かなこさんにこんなに思ってもらえて幸せ者だと思います。
羨ましく思っちゃうなぁ〜 σ(o^_^o)
Posted by saya at 2006年12月25日 22:53
sayaさん、こんばんは。
コメントありがとうございます!

ほんとうに、体を動かしてないとすぐに気分が沈んでしまいます。
ガーデニングは全く初心者ですが、これを機に趣味のひとつになったら楽しいでしょうね。
「花さかじいさん」のポチの遺骨から木が育ち、遺灰から桜が咲くように、シロちゃんの周りで「生き物」である植物が育ったら、まるでシロちゃんが咲いているみたい♪

ネコの貯金箱は「最終手段」だったんですよ(笑)
本当はガーデニング用のネコの置物を探して何軒かハシゴしたんですけど、「犬」「タヌキ」「カエル」の3種はどこにでもあるのに、「ネコ」ってないんですね・・・。
でもかわいい貯金箱が見つかって、これで十分よかったです♪
Posted by かなこ at 2006年12月26日 01:54
毎日一緒だったシロちゃん。
寂しくって悲しくって本当につらいんだろうなぁ。普通に生活するのもつらいですよね。

シロちゃんの周り、春にはきれいなお花が咲いてキレイでしょうね☆
Posted by お嬢 at 2006年12月26日 10:24
かなこさん、こんにちは★
東京は強い雨が降っています。
そちらはどうですか?

天気のよい日にお庭につくるとこができて
良かったですね。「日当たりがいい場所」
ということは、もうそれだけでも最高です★
シロちゃん、ぽかぽかにこにこしてますよ!

私も実家で沢山の数え切れないほどのペットと
暮らしてきたので、家を改築するときには
心中複雑でした(お庭に沢山、、、。)
子供のころは毎晩天国のペット達に一匹一匹
感謝のお祈りをしていました。すると
にっこりと微笑んで私を囲んでくれたっけ。
きっと守ってくれていたんだなあ、と思います。

涙、枯れるときあるんです。
というか、泣けないくらい辛いときって、ある。
だから、私は泣けるときは自分の中で
『まだ泣ける(心の余裕がある)』と感じます。
でも泣けるのは、健全ですから、安心して
くださいね。そして、いつかは「カラっと」
卒業できるときが来ますから★

生きている限り、みんなに夢も希望も降り注ぐ。
そしてどんどん成長し逞しくなっていくけれど、
それはとってもいいこと。強く優しくなれるから。
かなこさんも今回、一段と成長されたのですね。
どんなことも、乗り越えられない壁はない。
これからも乗り越えていきましょう★

なんだか私もガンバロウって思いました。
Posted by an at 2006年12月26日 12:12
お嬢さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

シロちゃんの思い出が詰まった場所に、1人でいるというのは本当につらいです。
でも私は自宅で仕事をしているし、しかもその仕事も早くも冬休みに入ってしまって・・・。
毎年「ようやく冬休みだわー」って開放感のある時期なのですが、今年だけは「ずっと生徒たちの笑顔を見ていたいなあ・・・」と、お休みしたくない気分です。
本当に淋しい・・・。

シロちゃんの花壇がお花でいっぱいになるの、すごく楽しみです♪
枯らさないように、私もガーデニングの知識をつけないといけませんね。
Posted by かなこ at 2006年12月26日 20:05
anさん、コメントありがとうございます!

こちらも昼前から雨が降り始め、今は風も強くて「シロちゃん、濡れて冷たい思いしていないかな?」「風でお花が折れてしまわないかな?」と心配です。
新しいお花は今日の午前中に買ってきて植えたので、まだきちんと根付いていないから、さっき見に行ったらちょっと危なそうなのがいくつかありました。

太平洋側の冬は、毎日カラッと晴れてるものだと思っていたのに、今年は雨だったり、どんより曇っていたりする日が多いですね。
シロちゃんが埋葬される日とその翌日が晴天だったのは救いです。
日向ぼっこもたっぷり楽しんだでしょうし、「今日は毛布にくるまってぐっすり眠る日なんだ」というふうに考えてます。

anさんの実家のお庭にも、たくさんのペットが眠っていたんですね。
私の家の庭も、数え切れないくらいのネコとイヌが埋葬されています。
改築で庭を掘り返すとなると・・・うーん、やっぱり心が痛みますよね。
うちも母屋はもうだいぶ古いから、いつかは取り壊すことになって、シロちゃん花壇にも影響するのかと思うと・・・とてもつらいです。
今はまだ、そんなことは考えずに、できる限りのことをしていきたいですね。

泣けないほどつらい状態というのは、私はまだ経験がないです・・・。
anさんはあるんですね。
ほんと、いろんなことを経験されて素敵な大人の女性になっているんですね。
私はまだまだ甘いですが、シロちゃんが私を成長させてくれたのは確かです。
やっぱりシロちゃんは、神様が私の根性を叩き直すために送り込んでくれたネコなのかもしれませんね。

Posted by かなこ at 2006年12月26日 20:37
kitcatさんのブログからこちらにたどり着きました。

わたしの家でも以前ワンちゃんが亡くなった後、
何も臭いのするものはないのに、ふっと強烈にワンちゃんの臭いがしたり、
膝の上の空気の塊が、その部分だけ異常に冷たかったり、
ワンちゃんか部屋の中を駆ける"カシャカシャ"という爪の音がしたりと、
ワンちゃんがそばにいてくれているとしか思えない不思議なことがいろいろありました。

言葉ではうまく表現できませんが、それはどれも幸せそうなイメージなのです。
霊界に行くと、肉体的な苦しみからは開放されて、
純粋な愛情の絆がお互いを常に引き寄せ合っているそうです。
シロちゃんは、目に見えないだけでずっとそばにいて、
かなこさんからたくさんの愛情をもらっていることを、きっと幸せに思ってくれているはずですヨ。
そしてそばでずっと見守ってくれているはずです。

シロちゃんが望んでいることは、きっと「かなこさんに元気で幸せに毎日を送ってほしい。でもシロちゃんと過ごした楽しい日々のことも忘れないでネ。」ということだと思います。
まだ時間はかかるかもしれませんが、シロちゃんとの(一時の)悲しい別れも、
人生をより前向きに進んでいくためのステップにできれば、シロちゃんもきっと喜んでくれると思います。
Posted by bintama at 2007年01月13日 10:16
bintamaさん、はじめまして♪
コメント、どうもありがとうございます!

そうなんですよね。
シロちゃんはずっと私のニャンコで、私はシロちゃんのママで、透明になったけどシロちゃんの魂は今もこの部屋にいるんだなあって思います。
そしていつか虹の橋で、また元気なシロちゃんと一緒に遊べるんですよね。

私もまだまだ「完全復活」とはいきませんが、毎日毎日ゆっくり回復しています。
こうやってプログを通じて、ペットを愛する人たちに出会えるおかげです。
本当にありがとうございます!

びんちゃん、かわいいですね〜♪
またブログにもお邪魔させていただきます!
Posted by かなこ at 2007年01月13日 17:49
しんそこかわいがって入らしたのですね
しろちゃん
可愛い猫ちゃんですね
でも幸せです。みんなによくされて毎日気を遣ってもらって天国でもきっと素晴らしい夢を見ていることでしょう。
Posted by ryuji_s1 at 2007年07月05日 16:28
ryuji s1さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

もう半年以上になりますが、シロちゃんのことは一日も忘れたことはありません。
これから先も一生、「一番の仲良し」です♪
Posted by かなこ at 2007年07月05日 23:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。