2006年06月30日

私的生活

田辺聖子さんの著書「私的生活」を読み終えました。
昭和51年に書かれたかなり古い小説ですが、今の私の心境と重なる部分がたくさんあって、夢中で読み進めることができました。

      私的生活

「結婚」というものに迷いを感じている人なら、きっと「共感」できますよ!
というより、私の彼の性格が、小説の主人公である乃里子の夫・剛の性格によく似ているから共感してしまうだけ?
わがままで、すぐ不機嫌になって、たとえ自分が悪かったとしても決して自分からは機嫌を直そうとはしないので、ご機嫌をもとに戻してあげるのはいつも妻・乃里子の役目・・・。
うーん、私と彼の関係にそっくりだわ!

それから、乃里子が剛に話題をふる時には「これは剛向きの話」「これは言ったって仕方なかんべえ」と無意識のうちに頭で分けているというのも、うん、そのとおり!
それこそが「だましだまし」夫婦を続けていくコツなんだけど、夫の方は「だましだまし」なんて思いもせず、「この女は気の合う相棒」と信じている・・・。
私のところは、彼が私を「気の合う相棒」と思っているかどうかはわからないけれど、私も「これは彼向きの話」「これは言っても仕方なかんべえ」と話題を振り分けるのにかなり卓越しているという自負はあるんですよねえ。

結局、乃里子は最後には「あたし、だましだまし、保ってゆく生活に疲れました」といって家を出ます。
私も「もう無理だわ」とよく考えますが、ここは私の実家なので、「出て行く」というわけにはいきません。
「彼が『出て行く』と言い出したら、今度こそは止めないでおこう」といつも考えてるのですが、結局いつも「ご機嫌取り」をしてしまうのでした・・・。



ライフスタイルブログ 暮らし上手



posted by かなこ at 18:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書

2006年06月23日

マダニに噛まれた!

昨夜、お風呂で足の指の間を洗っていると、ちょっと痛みを感じました。
でも「きつくこすりすぎたのかな」くらいにしか思わず、そのまま何も確認せずにお風呂から出ました。
そしてお風呂上りのボディケアをしていると、やはり同じところがなんとなく痛いのです。

確認してみると、グレーのいぼみたいなものがくっついているのです・・・。
しかもまわりに何本か毛が生えている!
そしてちょっと赤くなっているのです。
「何これ?こんなのいつ出来たの?」と気持ち悪くなり、ゲームをしている彼に「足にヘンなものが出来てるの」と打ち明けました。
「気持ち悪い!寄るな!」と言われるのを覚悟で・・・。

そしたら「あっ、これ『マダニ』ってやつがくっついてるんだ!」
「えぇっ!生き物なの?」
「そうだよ。ヘタに引き離そうとすると、コイツの顎が残って病気になるって、テレビで見たぞ!」

ガガ〜ン!!!

そう、確かに、ティッシュでつまんで取ろうとしたって、ビクともしないのです!
このダニがネコにくっついていることはよくあったのですが、まさか私の血にも興味を持っているなんて・・・。

とにかく、放っておくと血を吸ってどんどん大きくなるというので、「自然にダニのほうから逃げる」作戦を実行することにしました。
といっても、私は「気持ち悪〜い!痛いよ〜!」と叫ぶばかりで、ほとんど彼がやってくれました。

まずは綿棒に消毒用アルコールをつけて、マダニの周りをつついてみました。
ちょっと動きましたが、まだまだ取れるには程遠い。

次は線香の火を近づけて、熱さで逃がす作戦です。
しかしこれは私の方が「熱い!熱い!」と耐えられなくなり、やはり失敗。

そしてピンセットでつまむという最終手段にも出ましたが、彼はテレビの影響で「残るとまずい」という意識がかなり強いので、なかなか全力で引き離そうとはせず、ちょっと引っ張っては「ダメだ。かなり頑丈にくっついてる」とギブアップ。

なにか他に方法はないものかと、ネットで調べようとしたところに母がやってきました。
母に見せると「え〜っ!こんなのが人間についてるのは初めて見たわ!」とめずらしそうに眺める・・・。
でも、いつもネコについたマダニを手で取っているのは母だったので、「ティッシュ持ってらっしゃい。取ってあげる」とのこと。
しかし、さすがの母もティッシュでつまんだくらいじゃ取れるはずもなく、次は「ピンセット持ってらっしゃい。」

彼のように「感染症」の知識もない母は、ピンセットでつまんで一気に引っ張りました。

痛い〜☆☆☆

ほんと、激痛です。
しかし、それでもまだくっついてるのです・・・。
私が叫ぶので、母はピンセットを彼にパスして「私はこの子を押さえてるから、あなたが取ってやって。」
まるで注射を嫌がる子どもと母親、お医者さんの関係です。

そして彼の一撃は・・・先ほどの痛みで麻痺していたせいなのか、母の一撃でほとんど取れていたからなのか、全く痛みもなくきれいに取れました。
ああー、すっきりした!

しかし、今朝もまだ歩くと痛みがあります。
歯が残っているからなのか、昨夜いじりすぎたせいなのか・・・。
でも農業をしている父は、自分も噛まれたことはあるそうで、「残ってても、本体がなくなったら死ぬから平気だ」ということです。

そもそも、なんでこんなものがついたのか?
昨日、小雨の中、畑に冷奴用のネギを刈り取りに行ったんです。
父によると「露がついてるところに潜んでる」らしいので、きっとその時でしょうね。
みなさんも気をつけてくださいね。





ライフスタイルブログ 暮らし上手



posted by かなこ at 10:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | 田舎暮らし

2006年06月19日

沖縄料理

土曜日に英会話教室の大人の生徒さんたちと、「沖縄料理」を食べに行ってきました。
生徒の1人が来月、沖縄旅行をするので、「行く前に一度食べてみたい」ということで、「みんなで行こう」という話になったのです。
普通は「行ってからのお楽しみ」にとっておくのではないかというツッコミは、この際ナシにしておいて(笑)。

入り口ではシーサーがお出迎え。

     seesaa.jpg

8年くらい前にツアーで沖縄に行ったとき、「沖縄料理」と題して出された食べ物があまり口に合わなかったので、今回もどんなものかと不安でしたが、とっても美味しかったです。
ゴーヤチャンプルーなんかは私も好きでよく作るのですが、この店では「初心者向け」にゴーヤの苦味もだいぶ抜いてありました。
きっと他の料理も「島外向け」のマイルドな味付けになってるのでしょうね。


こちらが陽気な「大人の英会話クラス」のメンバー。

     okinawa.jpg

どれが私かはご想像にお任せします。
といっても、内緒のブログなので、みんなの顔がわからないような写真になってますけれど(笑)。


行きはバスだったのですが、帰りは同じ方面の生徒さんの代行に便乗させていただいて、私は「後からついて行く方の車」に乗ったのですが、信号無視しまくりで怖かったです・・・。
前の車を見失わないよう、必死でついて行ってるんでしょうけど、「赤になりかけの黄色」とかではなく、「完全に赤」になってからでも突っ走るんですねえ。

バス停の近くに車をとめてあったので、そこから数キロは自分で運転して帰ったのですが、代行のスピード感が抜けなくて、気づかないうちに時速70キロ近く出してしまっていました・・・。



ライフスタイルブログ 暮らし上手



posted by かなこ at 15:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2006年06月12日

Google AdSense

今日、一ヶ月以上待ち望んでいたものが届きました!

   google.jpg

Google AdSenseのPIN(個人識別番号)です。

アフィリエイトを始めて約4ヶ月、ようやくGoogleの収入が100ドルを超えたというのに、いつまで待ってもPINが届かず、支払いが保留されていたのです。
Googleは他のASPと違って、口座の確認のためのデポジット金額の入力やら、住所確認のためのPINの入力やら、面倒が多いんですよねえ。

最初にPINが作成されたのが4月下旬だったのですが、どうやらそちらは私の英文による住所入力にミスがあったため、届かなかったようなのです(ほんとにアンタ、英会話講師なのかい?と自分で突っ込みたくなります・・・)。

そのため住所を訂正して、新しいPINを申請したのですが、3週間待っても届かない・・・。
思い余ってGoogleにメールで問い合わせまでしていたところでした!
国際郵便だから2〜4週間かかると言われても、前回のが届かなかっただけに神経質になってしまい、「日本語で書くと私の住所はこうなんですけど、英文での入力にミスがあるのでは?」なんて内容で・・・。

ほんとに「ここまで待ったのに、結局支払いが受けられないんじゃないか・・・」なんて考え込んで泣きたくなっていただけに、このペラペラの郵便物が何よりウレシイ♪
わずかでも、私には貴重なお小遣いです。



ライフスタイルブログ 暮らし上手



posted by かなこ at 19:22 | Comment(7) | TrackBack(0) | サイト運営

2006年06月11日

生徒たちの夢

先日、中学3年生の授業で「将来住みたい家についてスピーチする」というのがありました。
教科書には、英語でスピーチの文を考えるほかに、住みたい家の絵も描かせるところがあり、みんなそれぞれ個性ある「理想の住み家」を教えてくれました。

ある男の子は「livedoor」「株」なんて看板のついた高層ビル、またある男子は目の前には海、裏には山という環境の高層マンション、ある女の子はシーサー付きの沖縄の一軒家でした。

住むところだけじゃなくて、中学生の今から目標を定めて努力すれば、どんな夢でも実現する可能性がありますものね。
「若い」というのは、「肌のハリ」なんかより「夢が現実になる可能性が大いにある」ということを、30代の私はすご〜く羨ましく思うのでした。
私ももうひと頑張りして、大きな夢を持ってみようかしら?



ライフスタイルブログ 暮らし上手



posted by かなこ at 23:19 | Comment(4) | TrackBack(0) | 思うこと

2006年06月10日

ビアホール

今日は「父の日」の前倒しでビアホールに行ってきました。
来週の土曜日は英会話教室の生徒たちと「沖縄料理」のお店に行くことになっていますので。

私はビールにはあまり興味がないのですが、有名ホテルのビアホールなので、食べ放題のお料理も期待していたんです。
でも、そのあたりの安い居酒屋の方がマシだったかも・・・。
館内も「元厨房」みたいな雰囲気のタイルの壁でしたし、従業員も「ホテルで教育された」という雰囲気のあまり感じられないアルバイトの若者たちでした。

まあ、父はビールさえ飲めたらいいという感じでしたので、そういうことを気にしている様子はなかったです。
ヘタなプレゼントを選ぶより、うちの父にはお酒ですね、やっぱり。



ライフスタイルブログ 暮らし上手



posted by かなこ at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2006年06月04日

大好きなブログの閉鎖

私の大好きなブログが近々閉鎖されることになりました。
私が30代でありながらミスコンに挑戦できたのも、そのブログがあったから。
ミスコンに限らず、女性が美しく凛々しく生きていくためのヒントや勇気をもらい続けてきました。
なくなってしまうのは本当に悲しいです・・・。

閉鎖の理由は、ブログオーナーさんの個人情報をコメント欄に書いてしまった方がいるからだそうです。
またその前には、「私はあなたが務めたミスの前任者です。もうその年齢でミスコンはやめましょう」とコメントしている方もいました。
その方たちの心無いコメントが、ブログオーナーさんのみならず、そのブログを楽しみに見ている私たちの夢まで壊してしまったわけです。

「その年齢でミスコンはやめましょう」ですって?
実際、ブログオーナーのLさんはこの3月までミスとして活躍されていたんですよ!
しかも「もう一年続けてもらえませんか?」と事務局からお誘いだって受けていたのです!
「Lさんの年齢でミスはおかしい」と言われるのなら、その「自称:前任者」の方も、ご自身の所属していた事務局を否定していることになりませんか?
ひいては自分を否定していることになるのです。

もうそのブログではコメントを受け付けていないので、もしLさんがこのブログを見てくださればと思い、私の気持ちを書かせていただきます。

「挑戦する過程が楽しいの!」というお言葉、本当に納得です。
私も「実際にミスに選ばれて手にする賞金や旅行券」より「ミスを目指す過程で得られる心の充実感や美容への前向きな姿勢」の方がずっと大きいと思います!
Lさん、ブログを閉鎖されてもずっと応援しています♪
私もがんばります!
楽しく前向きな30代生活を送りましょうね。






ライフスタイルブログ 暮らし上手



posted by かなこ at 11:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。